前回の記事では、「六本木でキャバ嬢をすることはどういうことなのか」についてご紹介しました。
その際にキーワードとなったのは、「男性は成功者同士の出会いを求めている」というものです。

今回の記事ではその辺りの事情をさらに掘り下げて説明したいと思います。
またそういった男性の心の掴み方に関しても、軽く紹介する予定です。

1.男性が六本木キャバクラに通う目的


男性が六本木のキャバクラに来る目的は、「ビジネスのためのコネクション作り」であるということは間違いありません。

しかし、ビジネスチャンスは似た者同士の出会いから生まれますが、それだけでは中々大きなビジネスを育てることはできません。
似た者同士の出会い以外に、もう1つ重要な要素があります。
その要素とは「普段出会えないタイプの業種の経営者に会う」というものです

どんな経営者でも普段の仕事の最中は、同じような業種の人間に会うことの方が多いので、そう簡単に有意義な新しい出会いを掴むことはできません。
そこで重要になるのが「オフタイムの過ごし方」です。
六本木のキャバクラには様々な業界の人が訪れるので、昼の仕事中には絶対出会えないであろう人でも、たまたま同じ店で飲んでいてることがよくあります。

六本木のキャバクラに来る男性は、そういった「中々出会えない人との偶然の出会い」を求めているのです

当然綺麗な女性とお酒を飲んで遊びたいだけに見える男性もお店にやって来ますが、そういったお客様も結局のところ六本木で飲めるほどのお金持ちなので、これはという人物を見つけたら積極的にコミュニケーションを取りに行きます。
そういったワンランク上の男性の心を、女性としてしっかり掴むことができるのが、六本木のキャバ嬢なのです。

2.自分の強みを理解した接客スキルを磨こう


では六本木のキャバ嬢は、どうやってお客様の心を掴んでいるのでしょうか。

容姿が最も必要と思う女性もいますし、「現役のモデルや芸能人キャバ嬢」といった肩書きをうまく使っている女性もいます。
確かにそういった要素は大きな武器といえるでしょう。

しかし1番強力な武器はそういったものではありません。
最も重要なのは「接客スキル」です。
どれだけ美人であっても、どれだけすごい肩書きを持っていたとしても、本当にものをいうのはキャストが持つ「人間力に裏付けられた接客スキル」なのです

人間力といわれても、いまいちピンと来ない人の方が多いでしょう。
人間力とは、生まれてから今まで生きてきた経験が生み出す「人それぞれの個性」のことを指します。
自分のキャラクターと表現してもいいかもしれません。

どんな男性にも必ず女性の好みがあり、その女性にハマる理由があります。
六本木のキャバ嬢は自分のキャラクターを把握し、自分が得意とするメインの客層を把握し、そのお客様に響く接客スキルを日々磨き続けているのです
そういった魅力的なキャバ嬢が多く在籍しているからこそ、男性は六本木のキャバクラに通い続けるのです。

3.お客様の年齢に応じた接客を心がけよう


そしてその個性をさらに生かすためには、お客様の年齢に応じた接客をすることがとても有効です。

男性に限らず年代ごとに憧れるものや好むもの、性格の傾向というものが存在しています。
六本木のトップキャバ嬢は、そういった部分を押さえた受け答えや、立ち居振る舞いをすることで、より魅力的な自分を演出するスキルを持っています。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、男性が何故六本木キャバクラにハマるのかについて説明しました。
他の地域のキャバ嬢とは違い、六本木のキャバ嬢は高い接客スキルを持って自分を売り込んでいるということを、理解してもらえたのではと思います。

次回以降の記事では、「それぞれの客層に効く接客」について詳しく説明する予定です。
まずは20代前半のお客様への接客から紹介します。