今回の記事では、キャバクラのメインの客層ともいえる「40代独身のお客様向けの効く接客」について紹介します。

キャバクラを訪れるお客様の中で、最もお金を持っている「太客」といえる年代です。
ある程度以上の売上を作れるキャバ嬢であれば、必ず馴染みの40代のお客様を複数人抱えています。

40代独身と聞いても普段の生活の中で、あまり接触することのない世代のため、あまりピンと来ない方も多いでしょう。
また何となく想像できる方でも、どちらかというと「気難しい年代」というイメージかもしれませんが、実はそんなことはないのです。

特にキャバクラに通うこの年代のお客様には、特有の共通点がありますので、その部分を押さえた接客をすれば、とてもありがたいお客様に早変わりします

1. 40代で独身のお客様の共通点


まずは先ほどお話した「40代独身男性の共通点」について説明します。
40代といえば、普通であればほとんどの男性が結婚しているはずの年齢です。
しかし現実的には結婚をしていない男性は数多く存在し、最近ではむしろ増えています。

結婚していない40代の男性には、以下の2種類が存在しています。
「元々結婚をする気がない男性」と「結婚したくてもできなかった男性」です
結婚をする気がない男性は

  • 「仕事が忙しい」
  • 「家族を持つということがリアルに想像できない」
  • 「遊びたいから結婚したくない」

など、一見理由は様々ですが、要は「結婚をして家庭を持つより自分の欲求を優先している男性」といえます。

またそれに対して、結婚したくてもできなかった男性の場合は

  • 「好きな人とどんな時でも一緒にいたい」
  • 「好きな人にはいつでも自分を優先してほしい」

といった、一見まともそうに聞こえる理由が原因で人生のパートナーを見つけられないことが多いようです。
こちらの場合もある意味、「結婚をするからには自分の理想の家庭像を優先して欲しいという自分の欲求を押し付けている男性」といえるでしょう。

つまり両者の共通点は「自分の思い通りにしたい」という欲求が強いという部分にあるということです

2. 40歳前後のお客様向けの効く接客


「自分の思い通りにしたい」というパターンに陥っている男性を接客すると、意固地で自分の考えを曲げないのでとっつきにくく感じてしまうでしょう。

しかし一度その心を掴んでしまえば、「極めてリピート率が高いお客様」に変身します。
そのためには、彼らの「自分を優先して欲しい」という欲求を満たしてあげることが効果的です

キャバクラに通ってしまうこの年代の独身のお客様は、「自分の居場所がない」と思っていることが多いので、お客様が振ってくる話題に対し「学ぶ姿勢」を全面に押し出しましょう。
すると「この娘は見込みがある」と勝手に好印象を持ってもらえます。

最も重要なことは「あなたが上で私は下」ということをお客様に感じさせてあげることです
こういった立ち位置を演出してあげることで、お客様の中に「自分は間違っていなかった」、「自分はスゴイんだ」という気持ちを芽生えさせ、彼らの抱える寂しさを紛らわせることにつながるのです。

ここさえクリアしてしまえば、年齢からくる意固地な性格も手伝い、「この娘が自分の最大の理解者だ」と思い込み、その余りある財力でキャバ嬢のためにボトルを入れ続けるお客様になることでしょう。

確かに彼らには「夜の六本木でコネクション作りに励む」という目的もありますが、現代であればfacebookのようなSNSサービスをきっかけに、プライベートな趣味の集まりなどでコネクションを広げることも不可能ではありません。
彼らは自分の寂しさを満たすためにキャバクラを訪れているのです。

3. 接客する上での注意点


太客になる可能性を大きく秘めている40代で独身のお客様にですが、接客するにあたり注意点が存在します。

かれらは「自分にとってNGな話題が出ると一気にヘソを曲げてしまう」という傾向があるのです。
この現象を避けるためには「話をしっかり聴いて情報を収集する」ということが重要です

そうすることでお客様のNGな話題を把握できるだけでなく、「キャバ嬢に求めている役回り」を正確に見切ることにもつながります。
ある程度の信頼関係ができるまでは、慎重に接客することをおすすめします。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

うまく心をつかむことができれば、莫大な売上を作ることも可能な年代のお客様です。
しっかりとお客様の傾向を観察し、最大限心をつかむ努力をしましょう。

次回の記事では、「外国人のお客様への接客」について説明します。