今回の記事では、「30代のお客様向けの効く接客」を紹介します。

前回紹介した20代前半の男性とは違い、自分のお金で六本木に飲みに来るようになる年代です。
まだまだ若いといえる年代のお客様ですが、20代前半のお客様とはまた違った接客が必要になります。

アラサー世代とも呼ばれる、この辺りの年齢を迎えた男性は「人生においての生涯年収の上限」がうっすらと見えてくる時期になります。
それだけにお客様それぞれの人生設計が固まりつつある、もしくは固まった人が増えてきている年齢といえるでしょう。
また生涯のパートナーを見つけ、結婚をする男性や、子供を持つ男性が増えてくる年齢でもあります。

1. 30歳前後のお客様の経済事情


どういったスタンスでお客様に接するか、キャバ嬢としての実力が問われる年代のお客様といってもいいでしょう。

先ほども説明した通り、様々な背景を持つ年代のお客様ですので、「こうすれば効く」というテンプレートな接客はできません
まずはお客様の収入面とプライベートの状況を、ある程度推し量った上で接客方針を決める必要があります。

六本木で飲むアラサー男性の経済事情は、次の3つのパターンの内のどれかに当てはまることがほとんどです。

まず、「そこまで高級取りではないが、月に1度くらいは六本木で飲む程度の余裕を持っている男性」
次に、「若くして成功者への道を歩みだしている男性」
そして、「すでにひと財産を築き、次のビジネスのネタを探している男性」

この3者に分けることができます。

直接年収を伺うのは失礼にあたるので、服装や持ち物の質からお客様の収入を推測しましょう。

ある程度以上の金額の物でも購入できるようになる年齢ですので、必ず趣味の話などをきっかけに、自分のこだわりの持ち物の感想を求めてくると思われます
基本的には仕事の話が多いお客様がほとんだと思いますが、注意深くお客様の話を聞いていれば、必ず会話の中にヒントが隠されているはずです。

仕事の話と持ち物の趣味の話の両方から、先ほど紹介した3つのパターンのどこに属する男性なのかを把握しましょう。

2. 30歳前後のお客様向けの接客方針


パターンが確認できたら、次は接客方針です。

まずこの年代の男性が陥りがちな思考パターンとして、「他者からの高評価が自分の価値を決定する」傾向が強いです。
そのため仕事で成果を出しているというパブリックな情報と、その結果として高級なこだわりの逸品を持てるセンスの良い自分というプライベートな情報を織り交ぜて自分をアピールしてくると思われます。
基本的に「他者からの承認欲求」に飢えている男性が多いので、嫌味になりすぎない程度に褒めるようにしましょう

「どんなお客様も求めている言葉」が必ずあります
内容は人それぞれですので、何を伝えることが最も効果的とはいえません。
しかし一度そのポイントを突いた言葉をかけることができれば、一気にあなたに心を開くことでしょう。

3. お客様の状況によって踏み込む度合いを加減しよう


先ほどご紹介した接客方針がバッチリ決まってしまうと、異常なほどキャバ嬢に入れあげてしまう男性も多いです。

あくまでも「お客様とキャバ嬢」という線引きができるお客様なのかを、見極めることも大変重要になります。
お客様も人間ですので、キャバ嬢に入れあげてしまうと自分をコントロールできなくなる方もおられるということを覚えておきましょう

また既婚の場合は、程よい距離感を意識することが重要です
お客様の家庭を壊さない程度のバランス感覚がないと、トラブルに巻き込まれることがあります。

また独身の場合は、お客様の1番の理解者であるよう努めましょう。
勢いで大きな投資をしてくれる可能性が高いです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

接客するにあたり、非常に難しい年代のお客様でもありますが、同時にあなたのメインの売上となる可能性も秘めているお客様です。
しっかり接客をしてその心を掴むようにしましょう。

次回の記事では、「40代のお客様への接客」について説明します。